犬派と猫派とその現状

最近TVを見ていて思いませんか?今日も猫の特集してる番組がある!!」

ペットいえば犬!というイメージもあったかと思いますが、近年は猫を飼われる方も年々増加しており、実は最近では犬派と猫派で飼育頭数が拮抗している状況なんです。

一方で、ペットと暮らせる物件はどうかというと、よく目にするのは「小型犬(1頭のみ)可」。猫は不可となっている物件もまだまだ多いです。世の中では猫派の追い上げこそあるものの、その勢いは住まいにまでは届いていないようです。そもそも、これだけペットがブームを超えて生活・家族の一部として広がっている中で、ペット飼育可能物件自体が少ないのです。

首都圏でも、全体の物件数の13%ほど。鹿児島ではなんと8.6%ほどしかありません。

かく言う私は犬を3頭飼っているのですが、3頭と一緒に暮らせる飼育可能の賃貸物件を探すのには大変苦労しました。。。

それでも、ペット業界(生体販売)に勤めている知人の話では、鹿児島は全国の中でも指折りの生体販売数なんだそうです!かの有名な西郷隆盛も【つん】という愛犬がいたのは周知の事実ですが…これも鹿児島の県民性なのでしょうか?

そんな数少ないペット飼育可能物件の中でも、犬のみならず猫も飼える新築物件をご紹介いたします!

気になる方はこちらをクリックorタップ↓

猫ちゃんとも一緒に暮らせちゃう新築マンション!

ペットをペットとしてでなく、伴侶動物(コンパニオンアニマル)として、家族同然に生活するようになった世の中です。鹿児島県の賃貸物件が今後益々発展し、ペットと暮らす方々が安心してお部屋を借りれる住まいが増えていくことを、私も切に願っております。